事業紹介

業界・業種について

貝沼建設は、その不動産業、建設業の両方を手がける2つの業界・業種を併せもつ会社の図

社会にはさまざまな業界があります。
その中で不動産業と建設業があり、それぞれ別業種です。
不動産業はいわゆる土地や建物の不動産の売買や交換、賃貸・管理を事業としており、
また建設業は建設工事を事業として請け負っています。
貝沼建設は、その不動産業、建設業の両方を手がける2つの業界・業種を併せもつ会社です。

不動産業って?

不動産業には大きく分けて不動産開発、不動産流通、不動産賃貸、不動産管理の4つの業態があります。不動産開発は街づくりを手がけるデベロッパーです。不動産流通は不動産の販売や仲介を手がけるいわゆるお部屋探しです。不動産賃貸は賃貸経営で大家さんのこと。不動産管理は建物のメンテナンスなどを手がける管理会社です。大家さんは入居者募集や契約などの煩雑な業務は不動産流通を手がける会社に任せるのが一般的です。また更新や退去管理、メンテナンスといった建物の管理業務は不動産管理会社が担当します。不動産業には宅地建物取引士やマンション管理士、管理業務主任者などの資格が必要な業務が多くあります。

不動産開発、不動産流通、不動産賃貸、不動産管理の4つの業態の図

建設業って?

建設業にはビル・マンション、住宅などの建築部門と道路・ダムなどの土木部門があります。一般的には地面のうえが建築で、地面の下が土木です。ゼネコンとは、元請負者として各種の土木・建築工事を一式で発注者から請負い、工事の取りまとめを行う建設会社です。そこからサブゼネコン、二次下請会社などに仕事が発注されていきます。建設業界ではこういった工事発注の階層的な構造があります。
建設業の仕事の流れとしては、営業から設計、契約、着工となり、工事完了後にお引渡しとなります。建設会社にはアフターフォローも求められます。

建設業の仕事の流れの図。1.ご相談(営業)2.敷地調査・周辺環境調査(設計)3.プランニング(営業、設計)4.ご契約(営業)5.実施設計・仕様決定(設計)6.着工(工事、営業)7.お引渡し(工事、営業)8.アフターフォロー(営業、工事)

職種・業務について

貝沼建設の強み

貝沼建設は「不動産業」+「建設業」。
土地・建物に関するさまざまな事業を
手がける建設会社です。
創業以来、半世紀にわたって築いてきた
「土地・建物の有効活用のパイオニア」である
当社の強みをご紹介します。

貝沼建設の強みを支える社員の
職種・業務について

  • 不動産管理

    オーナー様の不動産を管理する仕事です。入居者募集やマンション・アパートの契約管理、入退去時の手続き、建物設備のトラブル解決などを手がけます。オーナー様と入居者様をつなぐ当社の「要」でもある部署です。

  • 建築営業

    建物リース事業の企画・提案業務、土地活用の総合的な賃貸事業のコンサルティング業務を担当します。いわば「貝沼建設の顔」として直接オーナー様と関わりをもち、不動産・建築にかかわるすべての知識を求められる部署です。

  • 施工管理

    現場におけるスケジュール管理や指示を担当する施工管理。いわば現場のディレクターとして全体を管理する立場の職種です。現場管理業務以外にも、現場の施工図作成や社内での専務作業などの仕事もあります。

  • 設計

    プランニングから図面作成、それにともなう申請作業、現場の監理まで一貫して担当するのが設計担当者です。マンションから戸建て住宅まで、幅広いジャンルの物件を手がけられるのが当社の設計業務の特徴です。